Hamee(株) : マザーズ(3134)

0.0
登録: 0件
アクセス数:今週 0 | 先週 0 | 先々週 0 | 累計 0

ご意見ボード
これらのご意見は、ユーザーがCP(Corporate Profile)を読んだ際の主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
CPを評価して頂きご意見、ご感想を記入して頂くとご意見ボードに反映されます。
企業の皆様は各ご意見に返信できますので、IR活動のコミュニケーション手段としてご活用ください。

まだご意見がありません。

CP(Corporate Profile)

Hamee(株):3134 マザーズ 小売業
ポイント 【増収増益】【増収増益予想】
2015年4月 東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場
注目点 業績は 計画通り
国内事業はコマース・プラットフォーム事業共に好調
海外事業本格化に伴う先行投資が発生
通期業績予想に変更なし

収益性の改善
契約社数伸長・アプリ展開も順調に収益貢献
利益率の高いプラットフォーム事業の拡大

グローバル展開が本格化
海外でのキャラクターライセンス取得によるコマース 事業のグローバル展開強化
プラットフォーム事業をグローバル展開へ


コマース・プラットフォーム事業ともに国内好調ながら、海外子会社の先行投資により前年同期比減益

年末のクリスマス需要等により第3四半期の売上高が最も大きくなる傾向

売上高の伸びを上回る利益の伸びを見込む

トピックス 2015年10月 東京営業所を港区白金台へ移転
これまでの営業機能中心から、開発、デザイン、EC、採用機能を合わせた総合拠点化

2015年8月6日
EC海外展開を具現化させるノウハウをHamee、トゥルーコンサルティング、Amazonのスタッフが語り尽す! Hamee 主催「越境EC」イベント第2弾開催。
2015年8月18日
「ネクストエンジン」受注処理自動化へ向けてYahoo!ショッピングAPIへの対応を強化受注処理において、管理画面へ のログインを不要に
2015年8月20日
「ニッセン@払い」との自動連携を実現。 業務効率化と出荷までの時間短縮へ。 ネクストエンジンアプリ「ニッセン@ 払い自動連携」をリリース。
2015年8月21日
Hamee×eBay×オークタウン海外展開サポートセミナー開催!約190ヶ国に展開するマーケットプレイスeBayでの「越 境EC」の秘訣を共有します。
2015年10月28日
「商品1個から」「最短2分で物流アウトソーシング」の「オープンロジ」と連携開始

20代女性向けのスマートフォンアクセサリー専門ECサイト 「Ketchup!(ケチャップ)」を8月4日にオープン ターゲットを明確にした店舗展開と商品ラインナップによりブランド戦略を強化


事業内容
ビジネスモデル
プラットフォーム事業
・ネット通販サポートシステム開発・提供
→ ネクストエンジン
・ネット通販サポートアプリ開発・提供
→ ポケ店、AmazonFBA用管理アプリ、在庫サポート、楽天検索順位チェッカー etc.

コマース事業
・モバイルアクセサリーのネット・モバイル通販
→ 店舗:Hamee ストラップヤ、iPlus、Kawaii館、HameeTV etc.
・雑貨のネット・モバイル通販
→ 店舗:にぎわい商店
・卸向けモバイルアクセサリーのネット通販
→ 店舗:Hamee Biz
・大手量販店向け卸販売
・モバイルアクセサリーの企画・開発


グローバル事業
・欧米向けモバイルアクセサリー・雑貨のネット通販
→ 店舗:Hamee Strapya World etc.
・韓国向けモバイルアクセサリー・雑貨のネット通販
→ 店舗:Hamee Korea
業績
セグメント情報
特色
強み
直近実績 平成28年4月期 第3四半期決算
当社グループは、モバイル(スマートフォン及び携帯電話)アクセサリーの販売につ いて、自社企画商品の開発に継続して取り組み、付加価値の高い個性的な商品を積極的にリリースするなど、販売 拡大に注力いたしました。また、自社開発のECバックオフィスシステム「ネクストエンジン」について、韓国子 会社において「ネクストエンジンコリア」をリリースしたのをはじめ、海外ECカート“Shopify”と在庫・受注 データを自動連携する「Shopify用自動連携」といった、国内EC事業者の「越境EC」を支援するアプリを複数 リリースするなど、プラットフォーム化のメリットを最大限に活用したサービスを積極的に展開いたしました。

当第3四半期連結累計期間における
売上高は4,844百万円(前年同四半期比12.0%増)、
営業利益は306百万円(同15.2%増)、
経常利益は293百万円(同8.5%増)と順調に推移いたしましたが、法人税等125百万 円を計上した結果、
親会社株主に帰属する四半期純利益は167百万円(同4.2%増)となりました。


なお、当社グループにおける業績のトレンドは、年末におけるクリスマス需要などの影響により、第3四半期連結会計期間の売上が他の四半期連結会計期間に比べて最も大きく、第2四半期と第4四半期連結会計期間は同水準、第1四半期連結会計期間が最も小さくなる傾向にあります。

セグメントごとの状況は次のとおりであります。

1 コマース事業
第2四半期連結会計期間においてリリースした、ディズニー映画「モンスターズ・インク」の劇中に登場する、エネルギータンク型モバイルバッテリーや、新たに版権を取得して商品化した「ムーミン」のスマートフォンケー スなど、個性的な自社企画商品の販売が引き続き好調に推移いたしました。この結果、コマース事業の当第3四半期連結累計期間の
売上高は4,260百万円(同10.3%増)となりました。
セグメント利益(営業利益)については、 新ブランドのEC店舗立ち上げに伴う広告宣伝費の増加や、海外展開の強化に伴う先行投資の影響等により、168 百万円(同2.1%増)となりました。

2 プラットフォーム事業
国内EC事業者の越境ECを支援するアプリのリリース、各種の決済システムとの連携強化等、ネクストエンジンをプラットフォーム化したメリットを活用したサービスを積極的に展開し、ネクストエンジンの契約増加を図り ました。これにより、総契約数2,119社(OEM除く、前連結会計年度末比303社増)、利用店舗数15,772店(同 2,300店増、いずれも自社調べ)となりました。この結果、プラットフォーム事業の当第3四半期連結累計期間の
売上高は583百万円(同26.6%増)、
セグメント利益(営業利益)は137百万円(同36.6%増)と、売上高の伸び率 を上回って伸長いたしました。
戦略 ユニークな商品の強化による粗利&ブランド向上
自動化徹底、生産性向上の為のシステム開発強化
多ブランド・多店舗展開・リアル卸店舗活性化
業界の動向 平成27年5月に経済産業省が発表した「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商 取引に関する市場調査)報告書」によると、平成26年における日本国内のEC市場規模は、前年比14.6%増の12兆 7,970億円となるなど、当社グループが属するEC市場については、着実な成長が続いております。
リスクファクター
経営理念 「We Create the Best “e” for the Better “e” World.」
より“e”世界につながるもっと“e”を創造する。
私たちの約束。 それはeアイディアで今までの世界を変えていくこと。
こんな手があるんじゃないか。もっと驚けるんじゃないか。
そうやって世の中をもっと良くしていきます。
沿革 1998年5月 神奈川県小田原市にてモバイル周辺アクセサリーの企画・販売・ECを目的にマクロウィル有限会社を設立
1999年8月 自社サイト「携帯アクセ市場」でのモバイル周辺アクセサリーのECを開始
1999年8月 モバイル周辺アクセサリーの実店舗向けBtoB販売を開始
2000年1月 販売網の拡大を目的としてインターネットショッピングモール「楽天市場」へ出店
2001年3月 グローバル展開を目的としてグローバル対応ECサイト「StrapyaWorld」開始
2001年12月 株式会社ストラップヤ .comへ商号及び組織変更
2006年5月 商号を株式会社StrapyaNextへと変更、規模の拡大に伴い本社移転(神奈川県小田原市)
2006年6月 自社販売サイト「ストラップヤ本店」でのモバイル周辺アクセサリーのECの販売開始
2007年11月 EC事業者向けクラウド型バックエンドソリューションシステム「ネクストエンジン」の稼働開始
2008年5月 「ネクストエンジン」の外部向けサービス開始
2010年1月 東京都渋谷区にモバイル周辺アクセサリーBtoB販売拠点として東京事務所を設置
2010年3月 iPhoneグッズ専門店「iPlus」を「Yahoo!ショッピング」へ出店
2010年11月 可愛いモバイルアクセサリー専門店「KAWAII館」を「楽天市場」へ出店
2011年5月 大阪府大阪市にモバイル周辺アクセサリーBtoB販売拠点として大阪事務所を設置
2011年6月 グローバル対応ECの「Strapya World」を「AmazonUS」へ出店
2011年10月 韓国市場への本格進出に向けた韓国法人「Strapya Korea Co.,Ltd.(現 Hamee Korea Co.,Ltd.)」設立
2013年5月 Hamee株式会社へ社名変更
2013年5月 グローバル市場への本格進出に向け米国法人「Hamee US,Corp.」設立
2013年8月 規模の拡大に伴い本社移転(神奈川県小田原市)
2013年12月 「ネクストエンジン」のAPIを公開しプラットフォームとして提供開始
2014年3月 インターネット小売大手のAmazonが提供する、注文処理や商品の保管・発送を代行するサービス「AmazonFBA」の在庫、受注実績の状況と自社在庫の最新状況を一元的に把握できる「AmazonFBA用管理アプリ」をリリース
2014年4月 楽天市場の店舗URLがあれば、簡単にiPhone、iPad向けアプリが作成できる「ぽけっと店舗、略して「ポケ店」。」をリリース
2014年4月 「ネクストエンジン」メイン機能の受注データを活用し、在庫の分析や発注に活かすことができるアプリ「在庫サポート」をリリース
2014年5月 楽天市場内での検索順位を上げるための効率化ツール「楽天検索順位チェッカー」をリリース
2014年8月 「カスタムデータ作成」をリリース
2015年4月 東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場
2015年5月 「越境EC」と国内ECとの同時展開を可能にするアプリ「米Amazon(Amazon.com)用 自動連携」が、ネクストエンジン海外進出サービス第一弾としてリリース
2015年7月 海外展開強化の一環として台湾法人「Hamee Taiwan,Corp.」設立
2015年7月 自社企画商品の開発強化及び海外展開強化の一環として中国法人「Hamee Shanghai Trade Co.,Ltd」設立
その他 株主の皆様には、平素より格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

当社グループは、モバイルアクセサリーの企画・販売を行う「コマース事業」と、インターネット通信販売事業者向けクラウド型業務マネジメントプラットフォーム「ネクストエンジン」の開発・提供を行う「プラットフォーム事業」の、二つの柱によって、世界的にも成長が続いているEC市場で、市場の成長率を上回る利益成長を目指しております。

【業績トピックス】
2016年4月期第2四半期連結累計期間における売上高は2,839百万円と前年同期に対し10%の成長となりましたが、新たなブランドのEC店舗「Ketchup!」の立ち上げに伴う広告宣伝費の増加や、海外展開の強化に伴う先行投資(主に米国子会社に対する人件費等)の影響により、利益水準は伸び悩む結果となりました。

しかしながら、国内各事業においては、2015年12月の年末商戦でかつてない売上規模を達成したほか、米国子会社についても人気キャラクターの米国ライセンス取得によって、自社企画商品を中心に商材が充実したことにより、収益化が見えてくるなど、足元の状況は順調に推移しております。

【今後の取り組みについて】
コマース事業については、モバイルアクセサリー流通の川上(企画)から川下(卸及び小売)まで一気通貫で展開している強みを活用して、個性的な自社企画商品による差別化とHameeブランドの認知度向上、さらには海外販売チャネルの開拓などグローバル展開を強化し、業容の拡大を目指してまいります。

プラットフォーム事業については、ネクストエンジンの競合優位性を活かしたサービスを、BtoB向け等多方面に展開して新たな顧客層を開拓するほか、2015年12月に韓国においてリリースした「ネクストエンジンコリア」のユーザー獲得と、英語圏、中華圏向けの「ネクストエンジン」開発に注力してまいります。

以上の取り組みにより、モバイルアクセサリーNo.1ブランドの実現と、ネクストエンジンをEC業務マネジメントプラットフォームのグローバルスタンダードとすべく、全社一丸となって邁進してまいります。

株主の皆様には、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。
基本情報 有価証券報告書

会社名 Hamee株式会社

代表者 代表取締役社長 樋口 敦士
平成10年5月 マクロウィル㈲(現Hamee㈱)設立代表取締役社長(現任)
平成23年10月 Strapya Korea Co.,Ltd(現 Hamee Korea)設立 取締役(現任)
平成25年5月 Hamee US,Corp.設立 代表取締役
平成27年7月 Hamee US,Corp.取締役(現任)賀米股份有限公司(Hamee Shanghai Trade,Corp.)設立 薫事長(現任)

設 立 1998年5月 マクロウィル有限会社として
本社所在地 神奈川県小田原市栄町2-9-39
資本金 51,906万円
連結子会社 Hamee Korea Co.,Ltd. Hamee US,Corp.
従業員数 連結:170名 単独:148名(平成27年4月30日現在)

主要取引先様(順不同/
 敬称略) 楽天、yahoo!、Amazon、DeNA、GMOグループ、ソフトバンクコマース&サービス、GOLDENBERG、
セガトイズ、トリニティ、ヴィレッジヴァンガード、東急ハンズ、ドン・キホーテ、
ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ロフト 他

【大株主の状況】平成27年10月31日現在(%)
AOI株式会社 34.16
樋口 敦士 31.07
北村 和順 4.12
Hamee従業員持株会 3.62
株式会社SBI証券 2.32
BNYM SA/NV FOR BNYM CLIENT ACCOUNT MPCS JAPAN 2.22
NORTHERN TRUST CO.(AVFC) RE NORTHERN TRUST (GUERNSEY) LIMITED RE GGDP RE: AIF CLIENTS 15.315 PERCENT NON TREATY ACCOUNT 1.64
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505019 1.16
樋口 知成 1.03
楽天証券株式会社 0.65
計 82.00

業績の推移(百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期利益 一株利益 一株配当
2013/04 4,168  183  212  142  23.1  0.00 
2014/04 4,681  227  223  122  19.7  0.00 
2015/04 5,658  336  329  193  31.0  0.00 
2016/04(予) 6,349  464  432  271  34.5  0.00 
財務・CF(百万円)  
総資産
純資産
自己資本比率
有利子負債
資本金
2,907  
1,736  
59.7 %  
0  
523  
営業CF
投資CF
財務CF
現金等
111  
-69  
815  
1,437