(株)テリロジー : JASDAQ(3356)

0.0
登録: 0件
アクセス数:今週 3,507 | 先週 1,871 | 先々週 135,542 | 累計 1,037,757

ご意見ボード
これらのご意見は、ユーザーがCP(Corporate Profile)を読んだ際の主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
CPを評価して頂きご意見、ご感想を記入して頂くとご意見ボードに反映されます。
企業の皆様は各ご意見に返信できますので、IR活動のコミュニケーション手段としてご活用ください。

まだご意見がありません。

CP(Corporate Profile)

(株)テリロジー:3356 JASDAQ 卸売業
ポイント 【平成28年3月期 減収・増益】 売上高26.3億円、営業利益0.2億円、経常利益△0.0億円
注目点 機関投資家および証券アナリスト向け 平成29年3月期 決算説明会
1.日   時  平成29年5月29日(月) 13時30分~14時30分 (受付開始:13時10分)
2.場   所  東京証券会館 9階 第8会議室

3.交   通  東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅 8番出口直結
4.申込方法  申込方法は、このCPの下にある会社説明会ボタンからお申し込みください。
■ご 注 意  ご参加は、機関投資家・アナリスト・報道関係者の方に限らせていただきます。

テリロジー、業界初のSDNアーキテクチャ採用の分散型ストレージソリューションを販売開始
~仮想統合アプリケーションのI/Oボトルネックを解消し、容易なスケールアウトを実現する米国CohoData製品~
トピックス 2016年02月29日 当社従業員による不正行為に係る調査結果および再発防止策について
2016年02月12日 第27期(平成28年3月期)第3四半期決算短信(非連結)
2016年02月12日 当社従業員による不正行為に関する社内リスク管理委員会の中間報告について
2016年02月01日 テリロジー、ネットワークとアプリケーションの問題解決を支援する、ネットワーク・
         パケットキャプチャ「momentum」最新モデルの販売開始
2016年01月28日 当社従業員による不正行為に関するお知らせ並びに平成28年3月期第3四半期決算発表の
         延期に関するお知らせ
2015年12月08日 テリロジー、米国RedSeal社と国内ディストリビュータ契約を締結
2015年10月30日 第27期(平成28年3月期)第2四半期決算短信(非連結)
2015年10月30日 平成28年3月期第2四半期業績予想値と実績値との差異に関するお知らせ
2015年07月31日 第27期(平成28年3月期)第1四半期決算短信(非連結)
2015年07月01日 テリロジー、大規模、複雑なシステムで発生する障害を、迅速かつ的確に
         診断するクラウドサービスを提供開始
2015年06月29日 テリロジー、標的型マルウェア対策クラウドサービスに悪意あるメール添付ファイルを
         検知・防御する機能を追加
2015年05月14日 第26期(平成27年3月期)決算短信(非連結)
2015年05月08日 業績予想値の修正及び役員報酬の減額に関するお知らせ
2015年01月30日 第26期(平成27年3月期)第3四半期決算短信(非連結)
2015年01月30日 営業外収益(為替差益)の計上に関するお知らせ
2014年12月04日 西日本営業所の閉鎖ならびに統合に関するお知らせ
2014年11月14日 テリロジー、業界初のSDNアーキテクチャ採用の分散型ストレージソリューションを販売開始
         ~仮想統合アプリケーションのI/Oボトルネックを解消し、容易なスケールアウトを
         実現する米国CohoData製品~
2014年10月31日 第26期(平成27年3月期)第2四半期決算短信(非連結)
2014年10月31日 デリバティブ評価益の発生に関するお知らせ
2014年10月31日 子会社の清算結了に関するお知らせ
2014年09月30日 業績予想値の修正及び役員報酬の減額に関するお知らせ
2014年07月31日 第26期(平成27年3月期)第1四半期決算短信(非連結)
2014年07月31日 非連結決算への移行及び平成27年3月期個別業績予想に関するお知らせ
2014年06月24日 (開示事項の経過報告)子会社の解散及び清算に関するお知らせ
2014年06月23日 テリロジー、20Gbpsの通信データすべてを記録(フルキャプチャ)する技術を開発
         ビッグデータ時代に対応した、高速ギガネットワーク上のパケットすべてを
         記録、保存する「ゼロ・ロス・トラフィック・レコーダ」を販売開始
2014年06月16日 株式会社ブロードバンドセキュリティの第三者割当増資の引受に関するお知らせ
2014年05月14日 第25期(平成26年3月期)決算短信(連結)
2014年05月08日 テリロジー、標的型メール対策を強化するNTTソフトウェアにビジネス協力について
2014年03月28日 組織変更及び役員の管掌変更並び人事異動に関するお知らせ
2014年03月20日 業績予想値の修正及び役員報酬の減額に関するお知らせ
2014年01月31日 第25期(平成26年3月期)第3四半期決算短信(連結)
2013年11月12日 第25期(平成26年3月期)第2四半期 決算説明会資料
2013年10月30日 第25期(平成26年3月期)第2四半期決算短信(連結)
2013年10月30日 平成26年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想値と実績との差異及び
         通期業績予想の修正並びに役員報酬の減額に関するお知らせ
2013年09月17日 テリロジー、「ネットワーク型セキュリティフォレンジック・ソリューション」の
         販売開始について
2013年09月17日 テリロジー、momentum Probe v4 for 10Gのリリースについて
2013年07月31日 第25期(平成26年3月期)第1四半期決算短信(連結)
2013年05月23日 株式分割及び単元株制度の採用並びに定款の一部変更に関するお知らせ
2013年05月14日 第24期(平成25年3月期)決算短信(連結)
2013年05月14日 平成25年3月期通期業績予想値と実績値との差異及び役員報酬の減額に関するお知らせ
2013年05月14日 子会社の解散及び清算並びに特別損失の計上に関するお知らせ
2013年04月24日 子会社の解散及び清算に関するお知らせ
2013年01月31日 第24期(平成25年3月期)第3四半期決算短信(連結)
2013年01月31日 業績予想の修正及び配当予想の修正に関するお知らせ
2012年10月30日 平成25年3月期 第2四半期決算短信(連結)
2012年10月30日 業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせ
2012年09月11日 テリロジー“次世代標的型マルウエア防御クラウドサービス”開始
         企業情報流出をブロックするセキュリティ出口対策の決定版
2012年08月14日 第24期(平成25年3月期)第1四半期報告書を掲載しました
2012年07月30日 平成25年3月期 第1四半期決算短信(連結)
2012年07月30日 連結決算開始に伴う連結業績予想の公表ならびに個別業績予想の修正に関するお知らせ
2012年06月12日 高速パケットキャプチャを実現したテリロジー初のオリジナル製品。
         ~シンプルにワイヤーレートで高速キャプチャ/保存~
2012年06月12日 テリロジー、KVH社が開始する取引システムの高精度遅延計測サービスに、
         英国ティーエス・アソシエーツ社の高精度遅延計測ソリューションを提供。 
2012年05月11日 第23期(平成24年3月期)決算短信(非連結)
2012年01月30日 第23期(平成24年3月期)第3四半期 決算短信(非連結)
2012年01月26日 (開示事項の経過報告)海外子会社の設立に関するお知らせ
2011年11月11日 第23期(平成24年3月期)第2四半期 決算説明会資料          
事業内容
ビジネスモデル
当社は、お客様の事業内容をより深く理解することで、ビジネスを成功に導くための最適なサービスを提供する「Value Provider」を目指しています。
また、製品の販売のみに止まることなく、提案・コンサルティングを基盤とした、設計・開発・構築・運用管理・保守までを一貫としたサービスの提供を行います。

【テレコム事業】
通信事業者/サービスプロバイダ部門は、各通信事業者が提供する、高速かつ、繋がりやすい通信サービス、スマートフォンに代表される新しい通信サービスに向けて、サービス加入者単位の満足度向上への課題解決に、QoE(体感品質)ソリューションを提供しています。

【エンタープライズ事業】
エンタプライズ部門/エンタープライズ営業部門は、既存顧客ならびに市場のニーズを把握し、最適な情報、製品、サービスを提供する事で、企業インフラの増強に貢献しています。

【グローバルビジネス事業(海外を含む)】
エンタプライズ部門/ファイナンス営業部門は、外資系金融企業を中心に、ネットワーク、サーバシステムにおける障害復旧時間の短縮、運用の自動化、パフォーマンス管理、資産管理など、ITインフラが抱える様々な課題に対し高度なソリューションを提供しています。

【サポート&サービス事業】
保守サービス部門は、当社が販売したネットワーク関連機器及び構築したネットワークの保守、メンテナンスを行うものです。品質の良い保守サービスを提供することにより、継続的な取引や拡販につなげています。
業績
セグメント情報
【平成28年3月期 決算(平成27年4月1日~平成28年3月31日)】

当会計年度売上高:2,639百万円(前年同期2,804百万円、前年同期比5.9%減)、
営業利益:26百万円(前年同期は212百万円の損失)、経常損失:0百万円(前年同期は207百万円の損失)、
当期純損失:19百万円(前年同期は211百万円の損失)

■事業部門別業績の概要
【エンタープライズ部門】売上高:1,172百万円 対前年比:152百万円減、増減率:11.5%減
<要因>
 ・IT投資は回復基調(円安、景気の回復)のため受注活動は概ね予定通りに推移。
  しかしながら大型案件が少なかった。
<活動結果>
 1.注力案件受注獲得
  ・大手金融機関インターネットバンキング向け不正取引防止システムの再構築案件
 2.当社独自のパケットキャプチャ製品採用のネットワーク監視案件が増加
  ・企業ネットワーク向けモニタリング案件
  ・セキュリティ対策向けフォレンジック案件
 3.当社独自のITシステム運用監視クラウドサービスが7月にスタート
  ・パナソニックソリューションテクノロジー社のシステム診断サービスに採用
 4.特定の企業や団体を標的としたサイバー攻撃は引き続き増加傾向のため受注が増加
  ・入口対策のネットワーク不正侵入防御セキュリティ商品
  ・出口対策の標的型攻撃対策クラウドサービス採用セキュリティ案件
  ・第三者によるなりすまし防止対策などのセキュリティ案件
 5.主要顧客「大手製造業」を中心にIT投資は回復基調
  ・ネットワークのインフラ構築案件
  ・テレビ会議システム構築案件

【テレコム部門】売上高:260百万円 対前年比:22百万円増、増減率:9.5%増
<要因>
 ・通信事業者のネットワーク投資の抑制が継続するが、スマートフォンの急激な普及に対応した
  新しいネットワークの構築や通信サービスが台頭。
<活動結果>
 1.自社独自のパケットキャプチャ製品を採用が加速
  ・MVNO向けネットワークのモニタリング追加案件
  ・電力系/CATV事業者向けDNSサーバ攻撃監視案件
 2.SDN技術を応用したCohoストレージ製品の初受注
  ・大手通信事業者のクラウド環境向けストレージ案件

【グローバルビジネス部門】売上高:48百万円 対前年比:15百万円減、増減率:23.8%減
<要因>
 ・アジア・パシフィック地域での当社独自のパケットキャプチャ製品採用のネットワーク監視案件に注力するが、
  現地のシステムインテグレータを通じての販売準備を進めが売上に貢献できず。
<活動結果>
 1.当社独自パケットキャプチャ製品採用のネットワーク監視案件を台湾の通信事業者から初受注
  ・DNSサーバ攻撃監視案件
 2.国内外の金融・証券企業に向けた受注活動
  ・外資系保険会社向けネットワークモニタリングの再構築案件

【保守サービス部門】売上高:1,157百万円 対前年比:20百万円減、増減率:1.7%減
<増収要因>
 ・高付加価値の保守サービスの提供に努めるが、
  新規案件の受注が伸び悩んだことから、売上高は前年同期を若干減少。
<活動結果>
 ・円安の進行による保守関連経費の上昇→更なる保守業務の内製化、業務委託費の削減
 ・保守サービス部門:売上高全体の約4割・・・当社の安定的な収益基盤 → ストックビジネス
特色 【お客様のニーズを捉え、的確に、そして迅速に、 最先端ネットワーク/セキュリティソリューションを提供】
テリロジーは、創業以来一貫してIPネットワークにかかわる海外製品の輸入と、これら製品をコアとしたネットワーク/セキュリティソリューションの提供をおこなっています。また、経営インフラとしてのネットワークをお客様の経営戦略の視点から「可視化」「分析」することで、最適なITソリューションを提供し、安定的な運用を実現することにより、お客様のIT投資効果を最大限に生かすために、全力を尽くし、常にお客様の立場に立ったサービスを心がけ、徹底したメンテナンス体制により、お客様の信頼にお応えしています。
強み ・IPネットワーク業界での先駆者・・・取引先は大手企業および通信事業者など300社以上。
・海外コンサルタント/ベンチャーキャピタルとの連携による強力な製品発掘力。
・取扱海外メーカー(ベンダ)とのビジネス戦略の共有。
・製品納入後の徹底したサポート体制と最新技術に対応する社内技術教育プログラムを実施。
直近実績
戦略 【平成29年3月期通期の見通し】
今期の見通しにつきましては、企業のIT投資は引き続き慎重な姿勢が続くものの、国内景気の回復を背景に、ITサービスのクラウド化への対応、サービス継続の運用管理体制の強化など、IT投資の拡大が見込まれます。
このような状況のなか、当社は、顧客基盤の強化と販路の拡大、市場競争力ある商品の販売強化、経費増加の抑制などに取り組んでまいります。
以上により、平成28年3月期の業績見通しは、売上高3,000百万円、営業利益70百万円、経常利益50百万円、当期純利益45百万円を予想しております。
業界の動向 クラウドコンピューティングのエンタープライズ市場への浸透、ビッグデータの分析と活用、IoT(モノのインターネット)の進展、AI(人工知能)技術の高度化など、テクノロジーの加速度的な進化に適応した新しい事業の創出に期待。
リスクファクター 1.技術革新及び商品供給2.売上高季節変動3.競合4.技術者確保5.為替変動影響6.重要事象等
経営理念 【企業理念】
「テリロジーは創業以来、「常にお客様のニーズに対応し、お客様の満足を実現する」という確固たる志を持ち、常にお客様の声に耳を傾けてまいりました。
この企業理念に込めた想いを表すスローガンとして「 In collaboration with Customer 」を掲げました。テリロジーは、海外の最新技術の製品やソリューション、保守サービスを提供する企業活動を通じ、より良い情報ネットワーク環境づくりと、より快適な情報化社会の発展に貢献していくというメッセージをこめたブランドスローガンのもと、よりいっそうお客様の声に耳を傾けてまいります。
沿革 平成元年 7月 東京都千代田区神田において株式会社テリロジーを設立し、エンタープライズネットワーク事業を開始
平成 3年 4月 東芝エンジニアリング株式会社(現 東芝ITサービス株式会社)と保守委託契約を締結し、保守サービス事業を開始
平成 6年 4月 本社を千代田区九段北一丁目3番5号に移転
平成 8年 5月 東京NTTデータ通信システムズ株式会社(現 株式会社NTTデータシステムズ)と業務委託契約を締結し、ソリューションビジネス事業を開始
平成11年11月 米国Redback Networks,Inc.社と代理店契約を締結し、同社のブロードバンドアクセスサーバや米国Network Telesystems,Inc.社
平成16年 4月 大阪府に西日本営業所を開設
平成16年 5月 本社を千代田区九段北一丁目13番5号に移転
平成16年10月 米国TippingPoint社と日本国内総販売代理店契約を締結
平成16年12月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年 4月 米国Anagran社と日本国内総販売代理店契約を締結
平成17年 9月 ISO27001(ISMS)の認証取得
平成17年11月 株式会社ネットマークスと資本提携を伴う業務提携の基本合意書を締結
平成18年 2月 英国Crannog Software社と日本国内総販売代理店契約を締結
平成18年12月 米国NetScout社と日本国内マスターリセラー契約を締結
平成19年 2月 ベルギー国VASCO DATA SECURITY社とディストリビュータを締結
平成19年 3月 ISO14001(EMS)の認証取得
平成20年10月 シンガポールeGInnovations社と代理店契約を締結
平成21年11月 米国Visual Network Design社とRackwise製品の日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 1月 米国Razoom社と日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場
平成22年 4月 カナダBridgewater Systems社と日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 8月 米国APCON社と日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 8月 米国AVOCENT社と販売代理店契約を締結
平成23年 2月 米国SevOne社とAPAC販売代理店契約を締結
平成23年 6月 英国TS-Associates社とAPAC販売代理店契約を締結
平成23年 9月 米国Procera Networksと販売代理店契約を締結
平成23年12月 香港に100%出資子会社「Terilogy Hong Kong Limited」を設立
平成24年 9月 米国Lastline社と販売代理店契約を締結
平成24年 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
平成24年 7月 株式会社アクセンス・テクノロジー社と「Fullflex ZG」の総販売代理店契約を締結
平成26年10月 香港100%出資子会社「Terilogy Hong Kong Limited」を清算
平成26年11月 米国CohoData社と販売代理店契約を締結
平成26年12月 西日本営業所を閉鎖し、東京本社に統合


その他
基本情報 【会社名】株式会社テリロジー(Terilogy Co., Ltd.)【証券コード】3356(東京証券取引所 JASDAQ市場)【設立年月日】1989年7月14日
【本社所在地】〒102-0073 東京都千代田区九段北1-13-5【資本金】1,182,604千円
【役員】代表取締役社長 津吹憲男、取締役副社長 阿部昭彦、取締役 新美竹男、取締役 宮村信男、社外取締役 坂本明男、常勤監査役 西村誠二、監査役 原島正隆、監査役 鶴保征城
【大株主(%)】津吹憲男(30.2)阿部昭彦(9.7)日本証券金融株式会社(2.6)株式会社SBI証券(2.5)松井証券株式会社(1.0)宮村 信男(0.8)テリロジー社員持株会(0.7)辻 務(0.6)田中 隆吉(0.6)カブドットコム証券株式会社(0.6)計 49.9 
【発行済株式数】15,680,000【株主数】4,756名(平成27年3月末現在)

業績の推移(百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期利益 一株利益 一株配当
2013/03 2,638  -37  -52  -93  -6.1  0.00 
2014/03 2,561  -121  -153  -147  -9.6  0.00 
2015/03 2,804  -212  -207  -212  -13.8  0.00 
2016/03 2,800  60  40  40  2.6  0.00 
財務・CF(百万円)  
総資産
純資産
自己資本比率
有利子負債
資本金
3,053  
723  
23.7 %  
0  
1,182  
営業CF
投資CF
財務CF
現金等
150  
-50  
147  
934