(株)テリロジー : JASDAQ(3356)

0.0
登録: 0件
アクセス数:今週 3,507 | 先週 1,871 | 先々週 135,542 | 累計 1,037,757

ご意見ボード
これらのご意見は、ユーザーがCP(Corporate Profile)を読んだ際の主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
CPを評価して頂きご意見、ご感想を記入して頂くとご意見ボードに反映されます。
企業の皆様は各ご意見に返信できますので、IR活動のコミュニケーション手段としてご活用ください。

まだご意見がありません。

CP(Corporate Profile)

(株)テリロジー:3356 JASDAQ 卸売業
ポイント 【黒字転換】【増収増益予想】
注目点 フィスコグループ、仮想通貨関連
トピックス
事業内容
ビジネスモデル
当社は、お客様の事業内容をより深く理解することで、ビジネスを成功に導くための最適なサービスを提供する「Value Provider」を目指しています。
また、製品の販売のみに止まることなく、提案・コンサルティングを基盤とした、設計・開発・構築・運用管理・保守までを一貫としたサービスの提供を行います。

【ICT(インフォメーション・アンド・ コミュニケーション・テクノロジー)部門】
当部門は、顧客のニーズに最も適したネットワーク製品(ルータ、スイッチ、無線LAN、DNS/DHCP)等の販売をはじめ、企業内情報通信システムやインフラの設計・構築をおこなっています。
また、次世代ストレージ製品、テレビ会議システム等、広範囲な製品の販売とプロフェッショナルサービスの提供をおこなっています。

【セキュリティ部門】
当部門は、ネットワークセキュリティ製品(ファイアウォール、侵入検知・防御、情報漏えい対策等)、セキュリティ認証基盤(ネットワーク上のサービス利用者を識別すること)等の製品の販売をはじめ、不正取引対策(ワンタイムパスワード製品)、不正アクセス対策のフォレンジック(ログ監視・分析)等のセキュリティシステムの販売・構築をおこなっています。

【モニタリング(ネットワーク・アプリケーション・モニタリング)部門】
当部門は、ネットワーク上を流れるすべてのトラフィックデータ収集・分析・可視化をはじめ、サービス品質の検証、不具合場所の特定およびその対策を支援するソリューション(パケットキャプチャ製品、ネットワーク・アプリケーションの性能管理製品等)の販売・構築をおこなっています。

【グローバル部門】
当部門は、アジア・パシフィック地域の通信事業者、一般企業に向け、当社が強みとするテレコム、セキュリティに関する自社開発製品・サービス等について、現地パートナーを経由して販売をおこなっています。

【サービス部門】
当部門では、当社独自のサービスであるアプリケーション等の性能を監視するクラウドサービス(CloudTriage)の提供をおこなっています。
また、当社が納入したネットワークおよび付帯機器の保守業務を、24時間365日の対応が可能な体制を整備しております。
業績
セグメント情報
特色 【お客様のニーズを捉え、的確に、そして迅速に、 最先端ネットワーク/セキュリティソリューションを提供】
テリロジーは、創業以来一貫してIPネットワークにかかわる海外製品の輸入と、これら製品をコアとしたネットワーク/セキュリティソリューションの提供をおこなっています。また、経営インフラとしてのネットワークをお客様の経営戦略の視点から「可視化」「分析」することで、最適なITソリューションを提供し、安定的な運用を実現することにより、お客様のIT投資効果を最大限に生かすために、全力を尽くし、常にお客様の立場に立ったサービスを心がけ、徹底したメンテナンス体制により、お客様の信頼にお応えしています。
強み ・IPネットワーク業界での先駆者・・・取引先は大手企業および通信事業者など300社以上。
・海外コンサルタント/ベンチャーキャピタルとの連携による強力な製品発掘力。
・取扱海外メーカー(ベンダ)とのビジネス戦略の共有。
・製品納入後の徹底したサポート体制と最新技術に対応する社内技術教育プログラムを実施。
直近実績
戦略
業界の動向 クラウドコンピューティングのエンタープライズ市場への浸透、ビッグデータの分析と活用、IoT(モノのインターネット)の進展、AI(人工知能)技術の高度化など、テクノロジーの加速度的な進化に適応した新しい事業の創出に期待。
リスクファクター 1.技術革新及び商品供給2.売上高季節変動3.競合4.技術者確保5.為替変動影響6.重要事象等
経営理念 【企業理念】
「テリロジーは創業以来、「常にお客様のニーズに対応し、お客様の満足を実現する」という確固たる志を持ち、常にお客様の声に耳を傾けてまいりました。
この企業理念に込めた想いを表すスローガンとして「 In collaboration with Customer 」を掲げました。テリロジーは、海外の最新技術の製品やソリューション、保守サービスを提供する企業活動を通じ、より良い情報ネットワーク環境づくりと、より快適な情報化社会の発展に貢献していくというメッセージをこめたブランドスローガンのもと、よりいっそうお客様の声に耳を傾けてまいります。
沿革 平成元年 7月 東京都千代田区神田において株式会社テリロジーを設立し、エンタープライズネットワーク事業を開始
平成 3年 4月 東芝エンジニアリング株式会社(現 東芝ITサービス株式会社)と保守委託契約を締結し、保守サービス事業を開始
平成 6年 4月 本社を千代田区九段北一丁目3番5号に移転
平成 8年 5月 東京NTTデータ通信システムズ株式会社(現 株式会社NTTデータシステムズ)と業務委託契約を締結し、ソリューションビジネス事業を開始
平成11年11月 米国Redback Networks,Inc.社と代理店契約を締結し、同社のブロードバンドアクセスサーバや米国Network Telesystems,Inc.社
平成16年 4月 大阪府に西日本営業所を開設
平成16年 5月 本社を千代田区九段北一丁目13番5号に移転
平成16年10月 米国TippingPoint社と日本国内総販売代理店契約を締結
平成16年12月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年 4月 米国Anagran社と日本国内総販売代理店契約を締結
平成17年 9月 ISO27001(ISMS)の認証取得
平成17年11月 株式会社ネットマークスと資本提携を伴う業務提携の基本合意書を締結
平成18年 2月 英国Crannog Software社と日本国内総販売代理店契約を締結
平成18年12月 米国NetScout社と日本国内マスターリセラー契約を締結
平成19年 2月 ベルギー国VASCO DATA SECURITY社とディストリビュータを締結
平成19年 3月 ISO14001(EMS)の認証取得
平成20年10月 シンガポールeGInnovations社と代理店契約を締結
平成21年11月 米国Visual Network Design社とRackwise製品の日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 1月 米国Razoom社と日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場
平成22年 4月 カナダBridgewater Systems社と日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 8月 米国APCON社と日本国内販売代理店契約を締結
平成22年 8月 米国AVOCENT社と販売代理店契約を締結
平成23年 2月 米国SevOne社とAPAC販売代理店契約を締結
平成23年 6月 英国TS-Associates社とAPAC販売代理店契約を締結
平成23年 9月 米国Procera Networksと販売代理店契約を締結
平成23年12月 香港に100%出資子会社「Terilogy Hong Kong Limited」を設立
平成24年 9月 米国Lastline社と販売代理店契約を締結
平成24年 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
平成24年 7月 株式会社アクセンス・テクノロジー社と「Fullflex ZG」の総販売代理店契約を締結
平成26年10月 香港100%出資子会社「Terilogy Hong Kong Limited」を清算
平成26年11月 米国CohoData社と販売代理店契約を締結
平成26年12月 西日本営業所を閉鎖し、東京本社に統合


その他 情報通信技術(ICT)は多様化する社会環境と経済状況の変化により新しいパラダイム(paradigm)へとシフトしつつあります。
 スマートフォンやタブレット端末の急速な普及、Facebook等のSNS(Social Network Service)活用によるコミュニケーションスタイルの変革、そしてWeb通販サービスの巨大企業、アマゾンに代表されるクラウドサービスの利活用には目を見張るものがあります。
 そして、日本企業のグローバル市場への進出、特に製造業、流通業の多くの企業が中国、シンガポール、タイといったアジア地域に活動の主要拠点を移しています。
 当社はこうしたICT環境の変化と市場ニーズをいち早くキャッチし、お客様のニーズに合ったソリューションポートフォーリオを用意して引き続きご提供してまいります。

 当社の重要なアセットは人材です。グローバルビジネスを成功させるため、インターナショナルなスキルを持つ社員教育の強化や、国内外より優秀な人材を引き続き採用してまいります。既に中国、インド、スウエーデン、カナダといった海外出身の営業・技術の社員がアクティブに活動しています。
 当社ではこうした市場の要求する“多様性・多様化(Diversity:ダイバーシティ)”に応じた人材の活用を企業戦略の一環と考えています。そして、全社員に“Think Through”メッセージ(何事においても本質を捉える努力を惜しまないといった意味)を提唱し、社員一人一人のスキルアップを目指してまいります。

 今後とも、より一層のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
基本情報 【会社名】株式会社テリロジー(Terilogy Co., Ltd.)【証券コード】3356(東京証券取引所 JASDAQ市場)【設立年月日】1989年7月14日
【本社所在地】〒102-0073 東京都千代田区九段北1-13-5【資本金】1,182,604千円
【役員】代表取締役会長 津吹憲男、代表取締役社長 阿部昭彦、取締役 宮村信男、取締役 鈴木達、社外取締役 深見修、社外取締役 大内英史、常勤監査役 西村誠二、監査役 原島正隆、監査役 鶴保征城
【大株主(%)】津吹憲男(15.70)株式会社ネクスグループ(14.62)阿部昭彦(4.88)株式会社シークエッジ・インベストメント(4.81)日本証券金融株式会社(2.05)松井証券株式会社(1.45)楽天証券株式会社(1.17)宮村 信男(0.82)株式会社ホッタ・コーポレーション(0.76)マネックス証券株式会社(0.74)計 47.01 
【発行済株式数】15,680,000【株主数5,559名(平成29年3月末現在)


業績の推移(百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期利益 一株利益 一株配当
2015/03 2,804  -212  -207  -211  -13.8  0.00 
2016/03 2,639  26  0  -19  -1.3  0.00 
2017/03 2,434  -105  -97  -99  -6.5  0.00 
2018/03 3,221  166  173  154  10.0  0.00 
財務・CF(百万円)  2017/03/31
総資産
純資産
自己資本比率
有利子負債
資本金
3,123  
762  
24.4 %  
1,177  
1,182  
営業CF
投資CF
財務CF
現金等
-55  
-440  
391  
462