(株)銀座山形屋 : JASDAQ(8215)

0.5
登録: 0件
アクセス数:今週 390 | 先週 1,295 | 先々週 2,117 | 累計 303,223

ご意見ボード
これらのご意見は、ユーザーがCP(Corporate Profile)を読んだ際の主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。
CPを評価して頂きご意見、ご感想を記入して頂くとご意見ボードに反映されます。
企業の皆様は各ご意見に返信できますので、IR活動のコミュニケーション手段としてご活用ください。

まだご意見がありません。

CP(Corporate Profile)

(株)銀座山形屋:8215 JASDAQ 小売業
ポイント 【増配】【増収増益】【増収増益予想】
注目点 時価総額37億円 Per16、株価207円 2/26/2016
トピックス
事業内容
ビジネスモデル
紳士服・婦人服等アパレル製品の商品企画・製造・販売及び靴・鞄・衣料雑貨品・服飾雑貨品・洋服生地等の販売を主な事業内容としており、当社は子会社の株式を所有することによる子会社の支配・管理を行っております。
 当社グループが営んでいる事業と当該事業における当社及び連結子会社の位置付け

(1)小売事業
  ㈱ウィングロードの店舗等において、主にオーダー紳士・婦人服、カジュアル洋品の小売販売を行っております。
(2)卸売事業
  ㈱銀座山形屋トレーディングにおいて、主にオーダー紳士・婦人服の卸販売を行っております。
(3)受託縫製事業
  日本ソーイング㈱において、主に紳士・婦人服の受託縫製加工を行っております。
業績
セグメント情報
平成27年3月期 決算

当社グループは「安定した利益とキャッシュ・フロー」を出せる経営基盤の確立の方針のもと、収益力向上に努めてまいりました。
第一として、銀座山形屋の服づくりのこだわり「MADE IN JAPAN」・「着心地と品質」を柱に、「世界一のオーダーメイド企業をつくる」
第二として「お客様から見た商品やサービスの価値を最大化する努力をすることにより、ファッションを通じ、いきいきとした生活、楽しい生活、充実した生活を提案し続ける」という経営理念に基づき行動する。
第三として「従業員全員がオーダーメイドのプロ」として、服づくり・採寸接客の技術を“ぶれることなく”継続して磨きつづけること、によりグループ企業一体となり下記の施策を実行いたしました。
① 販売員ひとりひとりがレベルアップし「満足されたお客様は2度目もご愛用いただける100%のリピートオーダーを目指す」を目標に再客(リピーター)をものさしとし、品質・品揃え・価格・接客・知識すべての分野において、本物のプロとしてのテーラー集団をつくりあげてまいりました。

② お客様に魅力的なブランドを認知していただくために「銀座山形屋ブランド」は、昨年の秋冬、コートに新たなモデルを開発し、銀座発信の都会的で洗練された、ファッションスタイルを提案させていただきました。
お洒落に拘りを持ったお客様への「サルトリア プロメッサブランド」は、35歳をメインターゲットにイタリアの洋服文化を感じていただきながら、「あなたを包む価値ある一着」のコンセプトのもと、スーツを主軸として提案をしてまいりました。
女性のためのベーシックデザインを基本とした「ミスターナブランド」は、30歳から40歳を中心に、自分の体型にあった拘りの一着をモードとともに、お客様にお届けすることにより満足感を提案し、パターンオーダーメイドシステムを更に強化し、他社とは一味違う着心地感とファッション性を追求してきました。

③ 製造事業会社に属する「ブレフブランド」は、オーダースーツの入門編として28歳をメインターゲットとして、既存のブランドではアプローチできていなかった若年層のお客様に対して、“オーダーの楽しさ”“新鮮さ”を提案してまいりました。今年2月、若年層に人気のある町、吉祥寺に4店舗目を出店させていただきました。
 また、インターネットによるオーダースーツブランド「スーツファクトリーdpi」は、楽天ショッピングモールヤフーショッピングモールへの出店で、40才をターゲットに販売強化してまいりました。

④ 製造部門におきましては、TSS手法の活用で「ムダ・ムリ・ムラ」のない製造工程を作り上げ、安定した品質向上のできる生産体制による魅力ある商品つくり、物流システムを見直し販売体制との効率的な仕組みを作り上げてまいりました。また、すべての業務に精通した次のプロ人材を育てるべく、教育を実施してまいりました。

⑤ 固定費削減におきましては、ひとつひとつ費用の見直しを継続して行ない経費削減への取り組みを速やかに実
施してまいりました。


<当社グループの営業の経過および成果>
主力のオーダーメイド販売が好調に推移
既製コートの売上高減少や消費税増税の影響あり
売上高48億1千5百万円(前期比6.5%増)
オーダーメイドスーツ売上高の増加は、品質に拘り、テーラー銀座山形屋のプロとして一着一着を大切に販売することを“ぶれることなく”継続しつづけてきたことにより、結果として着数が増加し、1着当たりの販売単価が1,300円ほどアップしたことが要因
販売費及び一般管理費は出店費用・新卒採用増等により増加
経常利益は2億3千9百万円(前期比45.0%増)
投資有価証券評価損2千万円及び減損損失の計上5百万円等
当期純利益は1億9千万円(前期比44.0%増)


店舗の状況
ブレフ4号店をパルコ吉祥寺に出店し、営業部門を渋谷区千駄ヶ谷に移転

店舗等
㈱ウィングロード23店舗
日本ソーイング㈱8店舗
グループ合計で31店舗


セグメント別
小売事業
売上高20億8千万円(前期比10.0%増)、営業利益7千9百万円(前期比385.8%増)

卸売事業
売上高17億3千6百万円(前期比2.9%増)、営業利益8千9百万円(前期比28.8%増)

受託縫製事業
売上高28億1千3百万円(前期比6.3%増)、営業利益3千7百万円(前期比11.0%減)
特色 銀座山形屋の歩み
銀座山形屋が明治40年より世に紡ぎ出したスーツは、洗練されたセンスと高い実用性で、人を惹きつけてやまない。すなわち、老舗テーラー・山形屋の歴史は、鋭い審美眼を持った顧客たちの歴史でもある。

海外の著名アーティストをも虜にしたテーラー技術
1966年7月1日、ビートルズ来日。日本中が熱狂の渦に巻き込まれていたころ、銀座山形屋でデザインと仕立てを担当していた宮川健二は、その渦のまさに中心へ身を置いていた。

ファッションに独自の哲学を打ちたてていたビートルズ、中でも特にスーツを愛用していたポール・マッカートニー氏が、山形屋の仕立てを熱望。宮川が滞在ホテルへかけつけ採寸を行うと、彼のセンスを見抜いたマッカートニー氏は多くの注文をつけず宮川に全て一任したという。

彼らが日本を離れる日の朝、スーツを受け取ったマッカートニー氏は喜び勇んで即座に着替え、そのまま飛行機に乗り込み日本を去った。銀座山形屋が手掛けたスーツを身にまとうマッカートニー氏の姿は、今日まで写真に残されている。


海外の著名アーティストをも虜にしたテーラー技術
創業より100年以上の月日が流れ、銀座山形屋はモノ造りへの真摯な姿勢を愚直なまでに貫きとおし続けてきた。戦後の混乱期にはたった1軒のバラック建てに過ぎなかった店舗が、今や30強の支店を全国に展開する規模となったのも、その職人気質によるものだろう。

逆説的ではあるが、伝統を守るには革新が必要とされる。匠の技をベースに、時流の先を行くコンセプトを果敢に打ち出していくのが銀座山形屋のメソッド。人の印象や所作を大きく左右し、結果ビジネスの成り行きまでも変える力のあるスーツに全精力で取り組んできたテーラーの真骨頂だ。

スーツに刻み込まれた伝統の理由、ブランドの価値を、是非一度は肌で感じ取ってもらいたい。

強み
直近実績 平成28年3月期 第3四半期決算

このような環境の下で当社グループは前期に引き続き「世界一のオーダーメイド企業をつくる」を合言葉に“ぶれ ることなく”継続し続けること、磨きつづけることに取り組んでまいりました。経営成績につきましては、

売上高は 小売事業及び卸売事業の受注が比較的順調に推移したことから3,900百万円(前年同四半期比7.8%増)
利益面については売上高の増加に伴う売上総利益の増加等により、
営業利益248百万円(前年同四半期比40.9%増)
営業外収益において助成金収入9百万円や受取配当金31百万円の計上等により
経常利益303百万円(前年 同四半期比23.7%増)
また法人税等50百万円の計上により
四半期純利益253百万円(前年同四半期比 25.2%増)



セグメントの業績

小売事業
売上高1,704百万円(前年同四半期比9.9%増)
営業利益138百万円(前年同四半期比76.9%増)

卸売事業
売上高1,391百万円(前年同四半期比6.4%増)
営業利益103百万円(前年同四半期比39.6%増)

受託縫製事業
売上高2,286百万円(前年同四半期比7.2%増)
営業利益70百万円(前年同四半期比14.9%増)
戦略 ① 販売員が行為行動に基づき「満足されたお客様は2度目もご愛用いただける100%のリピートオーダーを目指す」を目標に再客(リピーター)をものさしとし、品質・品揃え・価格・接客・知識すべての分野において、本物のプロとしてのテーラー集団をつくりあげてまいります。
② ブランドにおいてはそれぞれの嗜好の異なるお客様に向けて、更なる魅力的なブランドを認知していただく為に、「銀座山形屋ブランド」は、銀座流の良質な大人の装いをテーマに、安心できる納得の品質でお客様に満足感を提案してまいります。脱背広のマーケットが広がる中、カスタマイズされた自分だけの一着を求めるマーケットは、確実に広がっています。ビジネススーツにおいては奇をてらわずに、上質でベーシックなものを更に提案してまいります。
「サルトリア プロメッサブランド」は、季節に合わせた着こなし提案、お客様それぞれの嗜好に合わせた着こなし提案をさせていただき、イタリアの洋服文化を感じていただきながら「あなたを包む価値ある一着」のコンセプトを提案させていただきます。今秋冬シーズンでは、新たにコートでの新モデルを提案させていただきます。
「ミスターナ ブランド」は、30歳から40歳を中心に、自分の体型にあった「あなただけの一着」をモードとともに、お客様にお届けします。今春夏シーズンは、テーラーメイドスーツを基本に、エレガンスとの融合を図り、新しいビジネスファッションを提案させていただきます。
③ 「ブレフブランド」は、オーダースーツの入門編として28歳をメインターゲットとして、提案させていただいております。2月出店の吉祥寺店も順調に売り上げを伸ばしており、今後もマーケット分析を行いながら、更なる出店を目指していきます。
インターネットによるオーダースーツブランド「スーツファクトリーdpi」は、楽天・ヤフーのショッピングモールでの出店で、実店舗の接客レベル、商品展開レベルに如何に近づき、距離・時間を超えたサービスを、如何に実現していけるかをテーマに、更に研究してまいります。
④ 製造部門におきましては、昨年から実施しているプロ人材教育の対象者を増やし、更にグレードアップさせていきます。“メイドインジャパン”への拘りのもと、更なる設備投資と人材投資を軸に、お客様にご満足のいただける品質を作り上げてまいります。
⑤ 固定費削減におきましては、ゼロベースを基本に現状費用の見直しを継続して行ない経費削減への取り組みを速やかに実施してまいります。
業界の動向
リスクファクター ① 経営成績の季節的変動
当社グループの主な製造・販売品目はスーツを中心とした重衣料でありますが、商品の持つ季節的特性として、単価、数量いずれにおいても下半期に集中していることから、売上高、営業損益が下半期に偏る傾向があります。
② 出店条件
新規出店する際の物件の選定にあたっては、店舗の採算性を最も重視しており、保証金、賃借料、商圏内人口等について事前に調査を実施し、損益シミュレーション、投資回収期間予測を行い、一定条件を満たす物件を対象としております。このため、出店条件を満たす物件を確保できない場合は、想定している売上高の成長性に影響を及ぼす可能性があります。
③ 製造コストの海外生産品との比較
当社グループの注文服は国内製造子会社において製造しておりますが、同業他社においてはコスト優位の面に着目して、海外での生産による加工代の極めて安い製品の取扱を一部で展開し始めております。 現在は納期、運搬コスト、品質等の問題もあり、その生産の急激なシフトは起こっておりません。しかし、将来海外での生産による製品の調達が常態化すれば、当社製造子会社への影響は大きく、結果として当社グループの損益に影響を及ぼす可能性があります。
経営理念 MISSION(使命)
私たちグループ企業は、お客様から見た商品やサービスの価値を最大化する努力をすることにより、お客様に対し、いきいきとした生活、楽しい生活、 充実した生活を提案し続けます。
また、それぞれが目指す分野における「オンリーワン」の気概をもって、お客様にその存在意義の認められる質の高い一流企業を目指します。

FOUR VALUES(4つの価値) ~解説~
お客様の立場から見た商品・サービス・価値の提供をする。
お客様に喜ばれる生活提案をする。
なぜ私どもの商品、サービスなのか、なぜ私どもの企業なのかを常にお客様の立場で認識し、質の高い企業活動に徹する。
以上3点を積み重ねることにより、

お客様の満足をいただければ、株主様が期待のもてる株価となり、社員に幸福(やりがい)と利益をもたらすことにつながり、企業は継続に必要な利益を得ることになります。
沿革 1907年 山形政次郎が現在の東京都中央区湊2丁目に 『山形屋洋服店』を創業。 邦文タイプ開発
1932年 山形政男(先代社長)が『山形屋洋服店』を継承。 5・15事件
1946年 現東京都中央区湊2丁目において『(株)山形屋』を設立。 日本国憲法公布
1952年 銀座5丁目に銀座店を開設し、高級注文服を取り扱う。 (現天皇)立太子の礼
1953年 日本橋店を開設。当時百貨店の専売状態であったイージーオーダーを注文服店にとりいれる。 テレビ放送開始・街頭テレビ大人気
1958年 銀座一丁目店を開設。最高級オーダーのシンボル店に。 東京タワー完成
1962年 東京オーダーソーイング(株)設立。 クレイジーキャッツ人気
1966年 北海道芦別市に東京オーダーソーイング北海道工場を開設。 ビートルズ来日・百円札廃止
1970年 東京オーダーソーイング、大阪オーダーソーイングを日本ソーイング(株)に商号変更し合併。 大阪万博・日本万国博覧会開催
1971年 紳士服のマス・マーチャンダイジング・チェーン・ストアを目的とした(株)ギンザヤマガタ設立。 ボーリングブーム、マクドナルド1号店オープン
1978年 日本ソーイング(株)福岡工場開設。 成田空港開港
1980年 (株)ギンザヤマガタを合併し、商号を『(株)銀座山形屋』に変更。札幌・大阪営業所開設。 巨人、王選手引退 モスクワ五輪不参加
1982年 福岡・仙台営業所開設。 東北・上越新幹線開通
1984年 郊外型大型店舗という新業態に挑戦(十日市場店を開設) 新札発行、聖徳太子から福沢諭吉へ
1985年 広島営業所を開設。 つくば万博開催
1987年 株式を店頭公開。 国鉄分割民営化・衛星放送開始
1988年 (株)銀座ファション設立[現:日本ソーイング(株)岩手工場] 青函トンネル・瀬戸大橋開通
1989年 山形政弘が代表取締役社長に、山形政男が会長に就任。名古屋営業所開設。 昭和天皇崩御元号が平成に
1993年 長野営業所開設。 雅子様ブーム
1994年 既製服の新システムとして“わがままスーツ”開発、販売開始。 大江健三郎ノーベル賞受賞
1995年 “自己編集服ed”開発、販売開始。 野茂メジャーリーグで活躍
1997年 創業90周年を迎える。 消費税5%へ
2001年 新たなグループ運営体制として銀座山形屋の事業を分社、持株会社としてスタート。
(株)ウィングロード設立(株)ジー・ワイ・トレーディング[現:(株)銀座山形屋トレーディング]設立 米同時多発テロ事件 皇太子妃雅子様ご出産
2003年 山形政弘が代表取締役会長に、菊地邦紀が代表取締役社長に就任。 200万スーツ発売 イラク戦争
2004年 店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。 韓流ブーム
2007年 山形政弘が代表取締役社長に就任。 創業100周年を迎える。 年金問題
2008年 (株)ディーエイチエスと(株)ヴァイソムを吸収合併。 リーマン・ブラザーズ経営破綻
2015年 本店移転 ( 東京都中央区湊2-4-1 )
その他
基本情報 商号 株式会社 銀座山形屋
本店所在地 東京都中央区湊二丁目4番1号
本社所在地 東京都練馬区関町北二丁目3番20号
電話番号 03-6680-8711
資本金 27億2,756万円
設立 昭和21年(創業:明治40年)
従業員数 603名(連結)
決算期 3月
主要取引銀行 三井住友、みずほ
事業内容 持株会社
役員 代表取締役社長 山形 政弘

連結対象子会社
平成27年4月1日現在
株式会社 ウィングロード
紳士・婦人服・カジュアル洋品の店舗販売及び職域販売

株式会社 銀座山形屋トレーディング
紳士・婦人服の卸販売

日本ソーイング 株式会社
紳士服・婦人服の受託縫製加工
商品企画・仕入及び紳士・婦人服の販売

【大株主の状況】平成27年3月31日現在(%)
株式会社カネヨシ 31.03
山形 政弘 4.84
金澤 良樹 3.82
GY会持株会 3.42
ザ バンク オブ ニューヨーク ノントリーティー ジャスデック アカウント(常任代理人三菱東京UFJ銀行) 3.33
BTC協同組合 3.13
中島 眞喜子 2.08
田邉 友紀恵 2.08
カネ美食品株式会社 1.39
東京注文服専門店会協同組合 1.36
計 56.47
(注)上記のほか、当社所有の自己株式784千株(持株比率4.35%)があります。

業績の推移(百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期利益 一株利益 一株配当
2013/03 4,313  -71  27  6  0.4  0.00 
2014/03 4,520  81  165  132  7.7  0.00 
2015/03 4,816  162  239  190  11.0  3.00 
2016/03(予) 5,050  206  250  220  12.7  5.00 
財務・CF(百万円)  
総資産
純資産
自己資本比率
有利子負債
資本金
4,793  
3,017  
63.0 %  
0  
2,727  
営業CF
投資CF
財務CF
現金等
310  
-17  
-5  
1,102