メドピア(株) : マザーズ(6095)

0.0
登録: 0件
アクセス数:今週 0 | 先週 0 | 先々週 0 | 累計 0

ご意見ボード

これらのご意見は、ユーザーがCP(Corporate Profile)を読んだ際の主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。

CPを評価して頂きご意見、ご感想を記入して頂くとご意見ボードに反映されます。

企業の皆様は各ご意見に返信できますので、IR活動のコミュニケーション手段としてご活用ください。


まだご意見がありません。

CP(Corporate Profile)

メドピア(株):6095 マザーズ サービス業
ポイント
時価総額:54億円
株価622円(2017/10/6現在)
PBR4.62倍
時価総額500億円超を目指す

9割が製薬企業のEマーケティング支援
薬価の切り下げ、
ジェネリック拡大
→収益減

訪問規制等医者に会えなくなっている

予想
売上高 1.4倍
営業利益 3.0倍


注目点
石見(いわみ)社長
ドクタープラットフォーム事業
四半期売上高過去最高を更新
サイト活用度の指標DAUが対前年期末2倍に成長

ヘルスケアソリューション事業
特定保健指導関連サービス通期売上が前期比1.2倍

単体の売上1.3倍、営業利益3.7倍

メドピア単体は良い

参入して7年 MRの数は減ってきている Eマーケティングがプラットフォームとなっていく

MRの人件費1.4兆円

4Qは
製薬企業へのソリュージョン案件
製薬企業へのコンサル案件
が実を結び出した

遠隔診療は北里と実験中

DAUを上げていく、会員数も増やしていく
会員数10万人程度

トピックス
事業内容 / ビジネスモデル
メドピアは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」のミッションのもと、基盤事業として国内医師の3人に1人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を運営し、医師の臨床およびキャリアを支援しています。
また、医師プラットフォーム「MedPeer」を基盤とした、新たな事業を展開しています。
業績 / セグメント情報
平成29年9月期 決算短信
当社グループは、ミッションである「Supporting Doctors, Helping Patients.( 医師を支援 すること。そして患者を救うこと。)」 を実現すべく、MedPeerサイトを通じた医師への情報提供のみならず、予防・ 健康管理を含めたヘルスケア領域全般を事業領域として拡大させるとともに、各事業の収益基盤の強化に注力してま いりました。

この結果、当連結会計年度の業績は、
売上高1,559,024千円、
営業利益82,336千円、
経常利益65,996千円、
親会社株主に帰属する当期純損失363,270千円となりました。

セグメント別業績は次のとおりであります。
なお、当連結会計年度から、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「3.連結財務諸表及び主な注 記(5)連結財務諸表に関する注記事項(セグメント情報等) 1.報告セグメント概要(3)報告セグメントの追加 に関する事項」をご覧ください。

1ドクタープラットフォーム事業
ドクタープラットフォーム事業では、MedPeerのドクタープラットフォームを基盤として医師の集合知を活用したコ ンテンツを医師に提供するとともに、製薬企業等に対して医師会員にへのマーケティング活動の支援を行っておりま す。
当連結会計年度において、10万人超の医師会員が利用するMedPeer上のコンテンツを充実させることにより、医師会 員の活性度を向上する施策を展開してまいりました。さらに、Web講演会などの新商品の拡販や製薬企業等のWebマー ケティング施策の立案支援や非製薬企業向けの新商品の開発等を推進することで収益拡大に努めてまいりました。
これらの結果、売上高は1,272,645千円、営業利益は345,270千円となりました。

2ヘルスケアソリューション事業
ヘルスケアソリューション事業では、健康増進・予防などのコンシューマー向けヘルスケア支援を展開しておりま す。
当連結会計年度において、子会社の株式会社フィッツプラスが展開する特定保健指導関連サービスが堅調な成長を 遂げております。一方で、管理栄養士による食事トレーニングサービス「Diet Plus」においては、新規店舗展開や新 メニュー開発などを推進し、収益基盤の強化に注力してまいりました。 また、2017年5月に株式会社Mediplatが運営する医療相談サービス「first call」の本格展開を開始させ、個人会員 の獲得はもとより法人営業を強化することで、利用者数を増加させてまいりました。
これらの結果、売上高が287,475千円となる一方で、サービス開発などの先行投資が発生した影響で、営業損失 144,515千円となりました。
事業内容 / ビジネスモデル
メドピアは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」のミッションのもと、基盤事業として国内医師の3人に1人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を運営し、医師の臨床およびキャリアを支援しています。
また、医師プラットフォーム「MedPeer」を基盤とした、新たな事業を展開しています。
特色
医師による、医師のためのメディア UGCメディア(ユザー)
インターラクティブでの情報提供
薬の食べログ的なサイト
朝日新聞との提携 MedPeerニュース

役立つから欠かせない存在になる

個人に対し月額540円
法人54000円〜
強み
医:医師のネット3人に一人が利用 イシコメとfirst call

食:管理栄養士のサイト Diet Plus 店舗も3店舗(銀座周辺)にある ダイエットプラスラボ
を持っている企業は弊社のみ
直近実績
戦略
会員規模の拡大
→パートナー企業との会員獲得施策の展開

会員の来訪頻度の向上
→新UGCサービスのリリース


SPへの積極展開
→MedPeerアプリのリリース
業界の動向
当社が属する医療・健康産業においては、団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者に達する事により社会保障費の
急増が懸念される、いわゆる2025年問題を背景に、健康寿命を延ばすこと及び社会保障費の増加に歯止めをかけるこ とが喫緊の課題として認識されております。また、日本政府も『予防・健康管理』と『自立支援』に軸足を置いた新 しい医療・介護システムを2020年までに本格稼働させることとしております。さらに、製薬企業においては薬価のマ イナス改定や後発医薬品の使用促進など厳しい環境の下、新たなマーケティング手法が模索されております。

医療費40兆円 1/3が生活習慣病 
予防医療は4兆円から 10兆円に広がる

生活習慣病の予防 食事が最も重要 61.4%
生活習慣病の治療 食事療法が最も重要 60.6%
リスクファクター
経営理念
医師を支援すること、そして患者を救うこと
集合知により医療を再発明する
沿革
2004年12月インターネットを利用した医師向けの情報提供サービスを主たる事業目的として、株式会社メディカル・オブリージュ(現メドピア株式会社)を設立
2005年3月人材紹介会社への転職希望医師の一括登録サービス「医局@人事」を開設し、医師求人情報サービスを開始
2007年8月当社基盤事業である医師専用コミュニティサイト「Next Doctors(現MedPeer)」の運用を開始
2009年3月「Next Doctors」の医師パネルを活用した医師リサーチサービスを開始
2009年5月株式会社日経BPと、両社のコミュニティサイト統合を中心とする業務提携契約を締結
2009年10月「Next Doctors」を「MedPeer」に改称
2010年4月株式会社メディカル・オブリージュからメドピア株式会社に商号を変更
2010年5月企業向けに「MedPeer」を活用したマーケティング支援サービスを開始
「MedPeer」サイト内で「症例検討会」、「薬剤評価掲示板」サービスを開始
2011年3月「MedPeer」サイト内で「症例相談(Meet the Experts)」サービスを開始
2014年6月東証マザーズ市場上場
2015年6月株式会社メディカルトリビューンと、医師会員の連携を行う業務提携契約を締結
2016年6月医師等医療関係者の認証サービスを提供する株式会社medパスを設立
2016年7月オンライン健康相談プラットフォーム「first call」を運営する株式会社Mediplatを子会社化
2016年10月管理栄養士によるパーソナルダイエット指導サービス「ダイエットプラス」を運営する株式会社フィッツプラスを子会社化
その他
弊社は2004年12月の誕生以来、「Supporting Doctors, Helping Patients.」をミッションとして事業を展開してまいりました。2007年8月にスタートした医師限定の会員制サイト「MedPeer」は、医師一人ひとりが自身の経験や知恵を持ち寄って全国規模で共有するネットワークであり、ここに蓄積された「医師の集合知」により日本の医療の質を向上させていくことを目的として運営しております。

2014年6月27日に東京証券取引所マザーズ市場に上場し、現在は連結子会社2社を含むメドピアグループとなりました。また、グループ運営における意思決定の迅速化と効率化を図るため、経営メンバーも拡充しております。その結果として、前期においては新規サービスのリリース、取引高の増加、アクティブユーザーの増加などの成長に向けた明るい兆しが見られ、当期においてさらなる成長を実感すべく、メンバー一同全力を尽くしております。

今後、日本は超高齢社会を迎え、限られた資源の中で高度な医療・介護サービスの展開を求められることになります。同時に、高齢先進国として世界のお手本となるべく、様々な挑戦的な取り組みをすべきフェーズに突入していると言えます。健康増進、未病、疾病管理から再発防止に至るまで、医師や栄養士を含む医療従事者の役割はますます重くなるばかりです。当社はこの市場背景を的確に捉えながら、医療従事者のプラットフォームから得られる集合知を蓄積し利用可能なものにしていくことで社会に貢献してまいります。

今後とも、私たちメドピアグループのご指導、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
基本情報
正式社名 メドピア(株)
URL http://medpeer.co.jp/
英文社名 Medpeer, Inc.
相場欄名 メドピア
本社住所 〒150-6017 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 地図
電話番号 03-6447-7961
設立年月日 2004年12月9日
日経業種分類 サービス
東証業種名 サービス業
指数採用 --
代表者氏名 石見 陽
資本金 506(百万円) (2016/9現在) 日本基準
発行済み株式数 8,734,450(株)
普通株式数 8,734,450(株)
普通株式数(自己株除く) 8,734,450(株)
売買単位 100(株)
決算期 9 月
上場市場名 東証マザーズ
株主総会日 2016年12月21日
従業員数 46 人
平均年齢 33.5 歳
平均年収 5,975,000 円
業績の推移(百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期利益 一株利益 一株配当
0  0  0  0  0.0  0.00 
0  0  0  0  0.0  0.00 
2017/09 1,559  82  65  -363  -41.8  0.00 
2018/09(予) 2,245  245  225  120  13.7  0.00 
財務・CF(百万円)  
総資産
純資産
自己資本比率
有利子負債
資本金
1,611  
825  
50.5 %  
0  
506  
営業CF
投資CF
財務CF
現金等
179  
-52  
-46  
946