(株)はせがわ : 東証1部(8230)

0.0
登録: 0件
アクセス数:今週 246 | 先週 730 | 先々週 1,983 | 累計 101,932

CP(Corporate Profile)

(株)はせがわ:8230 東証1部 小売業
ポイント
2期ぶりの増収 2期連続増益 
現状120店舗 売上1店舗1億円 MAX時は1店舗2億円
新規出店:リビングスタイル店
注目点
販売
仏壇:475基の減少
暮石:280基の減少

納骨堂への販売が増加
売上増恵理駅2.93億円の増加

従来は路面店:目的が明確
リビングスタイル店 3年前から ショッピングセンターなど目的が明確でないお客様

江崎社長:3年前に就任

ショッピングセンター内へ5店舗の新機出店:リビングスタイル店
(30坪から70坪で実験中)
1店舗の移転、9店舗の回想



生活様式、価値観の変化 何々家の墓、仏間 

新プロモーション 『祈りの老舗 はせがわ」
困ったら、はせがわ

新規事業開発
供養領域:仏壇事業 暮石事業 屋内墓苑事業
新領域:これから

事業内容 / ビジネスモデル
【仏壇・仏具、墓石・屋内墓苑の販売大手】

 仏壇や仏具、墓石の販売に加え、屋内墓苑の受託販売を展開する大手企業。屋内墓苑の受託販売は都市部が中心。

 関東・東海・九州北部地域を中心に直営店を展開する、仏壇・仏具の小売専門店が中心。海外協力工場や国内メーカーと共同開発したオリジナル商品による品揃えで他社と差別化を図っている。墓所は全国500ヵ所以上の霊園や各宗派寺院墓地、公営墓地から選択が可能。墓所の提案から、墓石の設計・施工までを一貫して手掛ける。近年は都市部を中心に屋内墓苑の受託販売にも注力している。
業績 / セグメント情報
平成30年3月期 決算

当社はこのような情勢のなか、仏壇仏具事業に関しては、顧客の変化に対応するための新商品を順次投入するとともに、計画的な商品クリアランスを実施して進めてまいりました。墓石事業に関しては、当社受託販売霊園において樹木葬の紹介販売を開始し、屋内墓苑事業に関しては、9月に7物件目となる「一行院千日谷淨苑」(東京都新宿区)の受託販売を開始するなど、ご遺骨供養に対する多様なニーズへの対応を目的とし活動を展開してまいりました。
店舗政策については、ショッピングセンター内へ5店舗(6月に埼玉県久喜市、10月に千葉市緑区、11月に 愛知県日進市、2月に千葉県習志野市、3月に神奈川県座間市)を新規出店いたしました。また、9店舗の改 装と1店舗の移転を実施し、引き続き魅力のある店舗づくりを推し進めてまいりました。
このように、各事業において施策を推進した結果、売上高は194億12百万円(前期比0.2%増)となりまし た。
また、積極的な店舗投資や人件費の増加等によって販売費及び一般管理費は増加したものの、販売手法の改 革を進め、売上総利益率が改善されたことにより、営業利益は9億28百万円(前期比4.4%増)、経常利益は 9億31百万円(前期比1.4%減)、当期純利益は資産除去債務戻入益もあり、5億60百万円(前期比37.0% 増)となりました。

セグメントの業績
当社は、宗教用具関連事業について、「仏壇仏具・墓石」及び「屋内墓苑」を報告セグメントとしております。
仏壇仏具については、東日本地区において、販売基数の減少があったものの販売単価の改善により、
売上高 は100億67百万円(前期比1.9%増)となり、西日本地区においては、販売基数の減少及び販売単価の下落の影響により、売上高は28億97百万円(前期比0.7%減)となりました。墓石については、東日本地区において、 販売基数の減少の影響が大きく、売上高は42億円(前期比7.2%減)となり、西日本地区においては、販売単 価の下落の影響が大きく、売上高は6億55百万円(前期比6.3%減)となりました。これらの結果、全体での 売上高は178億22百万円(前期比1.1%減)となりました。
屋内墓苑については、当事業年度に受託販売を開始した「一行院千日谷淨苑」が寄与したことにより、売上 高は11億79百万円(前期比17.3%増)となりました。
その他については、売上高は4億10百万円(前期比18.0%増)となりました。

当期の財政状態の概況
(資産)
当事業年度末における流動資産は、売掛金が17百万円及び繰延税金資産が29百万円増加したものの、現金及 び預金が1億82百万円、商品が1億40百万円減少したことなどにより、前事業年度末に比べ3億2百万円減少 し、58億96百万円となりました。
固定資産は、前払年金費用の増加92百万円及び貸倒引当金の減少3億75百万円による増加要因がありました が、繰延税金資産が1億56百万円、営業保証金(建墓権等)が3億20百万円及び投資その他の資産のその他が 4億35百万円減少したことなどにより、前事業年度末に比べ4億63百万円減少し、112億50百万円となりました。
この結果、総資産は前事業年度末に比べて7億65百万円減少し、171億47百万円となりました。

(負債)
当事業年度末における流動負債は、買掛金が76百万円及び1年内返済予定の長期借入金が1億9百万円減少
したものの、短期借入金が3億円、未払費用が41百万円、前受金が43百万円及び預り金が53百万円増加したこ となどにより、前事業年度末に比べ2億87百万円増加し、43億34百万円となりました。
固定負債は、その他が1億4百万円増加したものの、長期借入金が13億60百万円、役員退職慰労引当金が1 億71百万円及び資産除去債務が1億27百万円減少したことなどにより、前事業年度末に比べ15億31百万円減少 し、24億45百万円となりました。
この結果、負債合計は前事業年度末に比べて12億44百万円減少し、67億79百万円となりました。

(純資産)
当事業年度末における純資産は、利益剰余金が4億23百万円及びその他有価証券評価差額金が66百万円増加したことなどにより、前事業年度末に比べ4億79百万円増加し、103億67百万円となりました。 この結果、自己資本比率は60.0%(前事業年度末は54.7%)となりました。


(3)当期のキャッシュ・フローの概況

当事業年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ1億82百万円減少し、
18億8百万円となりました。 当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果得られた資金は11億75百万円となりました。 これは主に、資産除去債務戻入益1億40百万円、仕入債務の減少額76百万円及び法人税等の支払額2億41百万円などの減少要因があったものの、税引前当期純利益9億57百万円の計上に加え、減価償却費3億8百万 円、投資有価証券評価損71百万円及びたな卸資産の減少額1億25百万円などの増加要因があったためであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果得られた資金は59百万円となりました。 これは主に、有形固定資産の取得による支出2億60百万円及びその他支出69百万円などの減少要因があったものの、墓石販売等に伴う営業保証金の回収の純額3億3百万円(支出7億16百万円、回収10億20百万円)、 差入保証金の回収の純額66百万円(支出51百万円、回収1億18百万円)及び貸付金の回収による収入19百万円 などの増加要因があったためであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果使用した資金は14億17百万円となりました。 これは主に、短期借入金の純増加額3億円などがありましたが、長期借入金の返済による支出14億69百万円、リース債務の返済による支出1億17百万円及び配当金の支払額1億37百万円などがあったためでありま す。

事業内容 / ビジネスモデル
【仏壇・仏具、墓石・屋内墓苑の販売大手】

 仏壇や仏具、墓石の販売に加え、屋内墓苑の受託販売を展開する大手企業。屋内墓苑の受託販売は都市部が中心。

 関東・東海・九州北部地域を中心に直営店を展開する、仏壇・仏具の小売専門店が中心。海外協力工場や国内メーカーと共同開発したオリジナル商品による品揃えで他社と差別化を図っている。墓所は全国500ヵ所以上の霊園や各宗派寺院墓地、公営墓地から選択が可能。墓所の提案から、墓石の設計・施工までを一貫して手掛ける。近年は都市部を中心に屋内墓苑の受託販売にも注力している。
特色
【上場】1988.11
【特色】仏壇・仏具の小売専門店で業界首位。葬儀社と提携販売も。墓石に加え屋内墓苑の販売を積極化
【単独事業】仏壇仏具・墓石93(6)、屋内墓苑5(26)、他2(-12) <17・3>
【復調続く】仏壇・仏具は堅調だが、墓石の低価格化止まらず。販売手法見直しで粗利率は改善。19年3月期は墓石苦戦も仏壇・仏具が新店・改装効果や新商品寄与で牽引。営業増益続く。資産除去債務戻入特益剥落。
【居間に合う】カリモクなど国内家具専門メーカーとのコラボ仏壇を『リビング・コレクション』として訴求。強化中のSC内店舗展開は2月千葉・津田沼に新規開業。
【業種】 他消費財小売り 時価総額順位 71/119社
強み
直近実績
戦略
今後の見通し
今後の見通しについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、政府による各種政策の効果から緩やかな回復 基調を期待するものの、今後の景気動向及び個人消費については依然として不透明感が強く、引き続き厳しい状況が続くものと予想されます。また、宗教用具関連業界においては、消費者の生活様式や価値観の変化が大き
く、購入商品の小型化・簡素化の傾向がより顕著になっております。
このような環境変化に対応し、お客様の支持を高め当社の経営基盤である既存事業の強化を図るとともに、領域を拡大し新たな顧客層を獲得することにより、成長の実現を目指してまいります。そのために、各事業が連携して諸施策を推進し、既存店の活性化を図るとともに、ショッピングセンター内への出店など、成長に向けた投資活動も積極的に進めてまいります。仏壇仏具事業に関しては、お客様のニーズを捉えた新商品の企画・開発・投入や、お客様視点に基づいた店内演出などを、仮説と検証を繰り返しながら推し進めてまいります。墓石事業・屋内墓苑事業に関しては、お客様のニーズ変化を見極めバランスの良い展開を行なうとともに、お客様の埋葬に対するニーズに対応するソリューションとして総合的に提案するため、引き続き両事業の連携強化を図って
まいります。
その他管理部門におきましても、引き続き業務の改善・改革に取り組み、営業部門への効果的な支援体制を構築するとともに、低コスト運営を実現し収益構造の改革を目指してまいります。
以上により、翌事業年度(平成31年3月期)の業績見通しにつきましては、売上高は200億円(前期比3.0% 増)、営業利益以降の各段階利益は成長のための投資を先行して実施する影響により、営業利益は5億円(前期 比46.1%減)、経常利益は4億50百万円(前期比51.7%減)当期純利益は2億20百万円(前期比60.7%減)を見 込んでおります。

移転・改装・IC変更にかかる費用増加
新規出店にかかる費用増加
新規事業開発にかかる費用増加
人件費の増加

システム投資への準備
業界の動向
宗教用具関連業界においては、顧客の生活様式や価値観が大きく変化し、購入商品の小型化・簡素化の傾向
が顕著になっております。これに伴い単価の下落が進行しており、引き続き厳しい環境が続いております。
リスクファクター
経営理念
おかげさま いまここに こうしていられることに
おかげさま そばにいてくれる人に そして海や山 お日さまに
おかげさま...この言葉をはせがわは、未来に伝えなければならない「日本のこころ」と考えています。
すべてのものに感謝する日本人特有の心のあり方は、
「手を合わせ、祈る」ことで受け継がれてきました。
祈りのあるくらしが、日本のこころの文化と伝統を育んできたのです。
沿革
1929年、長谷川仏具店を創業、仏壇・仏具の販売を開始。66年に長谷川仏壇店として法人化。76年、現社名に変更。97年、墓石事業に参入。2009年、屋内墓苑事業を開始。
その他
基本情報
正式社名 (株)はせがわ
URL http://www.hasegawa.jp/
英文社名 Hasegawa Co., Ltd.
相場欄名 はせがわ
本社住所 〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3 地図
電話番号 03-6801-1076
設立年月日 1966年12月28日
日経業種分類 小売業
東証業種名 小売業
指数採用 --
代表者氏名 江崎 徹
資本金 4,037(百万円) (2018/3現在) 日本基準
発行済み株式数 18,646,376(株)
普通株式数 18,646,376(株)
普通株式数(自己株除く) 18,124,297(株)
売買単位 100(株)
決算期 3 月
上場市場名 東京証券取引所1部 福岡証券取引所
株主総会日 2018年6月21日
従業員数 756 人
平均年齢 41 歳
平均年収 4,817,000 円
初任給 223,000 円

【株主】 [単]19,699名<17.9> 万株
長谷川興産 393(21.1)
長谷川裕一 214(11.4)
西日本シティ銀行 87 (4.6)
福岡銀行 67 (3.6)
自社グループ社員持株会 61 (3.3)
みずほ銀行 57 (3.0)
(有)法隆 44 (2.3)
長谷川房生 42 (2.2)
自社(自己株口) 32 (1.7)
日本トラスティ信託口 31 (1.7)
<外国> 0.6%<浮動株> 17.5%
<投信> 1.4%<特定株> 55.5%
業績の推移(百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期利益 一株利益 一株配当
0  0  0  0  0.0  0.00 
2017/03 19,378  888  945  409  22.6  7.50 
2018/03 18,412  928  931  560  30.9  7.50 
2019/03(予) 20,000  500  450  220  12.1  7.50 
財務・CF(百万円)  
総資産
純資産
自己資本比率
有利子負債
資本金
17,147  
10,367  
6.0 %  
3,880  
4,037  
営業CF
投資CF
財務CF
現金等
1,175  
59  
-1,417  
1,808